ほととぎす旅館に行ってまいりました
JR阪和線の山中渓って駅で降りるんですけど、すごく遠かったです(天王寺から一時間くらい 

それとものすごく暑かった



DSC_0001
駅から降りてちょっと歩いたところから駅を撮った写真


駅から降りて川沿いにちょっと進むと橋があるのでそれを渡ると、駐車場が見える
DSC_0003
 そこから侵入できる

ほととぎす旅館は別館・本館・離れ・第二浴場で構成されている

別館
DSC_0007
駅から近いほうが別館です
壊れてる階段から中に侵入

壊れたテレビが
DSC_0009
レトロっすな

部屋は案の定荒されまくりんぐ
DSC_0010
AK69ってなんだよ(・_・)

台所ハケーン
DSC_0012
真ん中のライトは俺の持ってたLEDライトですwwww明るすぎwwwwwwwwwwwwwwww

 ベランダからの景色
DSC_0014
 川が流れています
なんでもここ山中渓は昔温泉地だったとか
経営難かわかりませんが 、廃れたんでしょうな
まぁすごい山中だしね

時計かなにかわからないものが壊れている
DSC_0016


旅館の中に転がっていたテレビ
DSC_0017
光の当たり具合がイカしてるぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

配線盤?
DSC_0019

ちなみにまたまた友人Mに着いてきてもらいましたwwwwwwwwwwwwすまんまんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ここから本館です
DSC_0029
うはwwwwwwww記念撮影wwwwwwwwwwwwwwww(心霊とか映ってないよねビクンビクン

フロントかな
DSC_0033


DSC_0034
ここもかつて人が居たんだなぁ…と思うと胸が熱くなってくる

温泉
DSC_0036
左からは川のせせらぎが見えます


温泉が出てくるところ
DSC_0038
怖すぎワロwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これで本館は終わりです
別館の大きさを1とすると本館は3か4くらいでかかったのに写真は全然撮ってないっていうね、はい
床に昔のチラシが落ちてたんだけど、ラジカセが1万円とかで時代を感じましたね


ここからは第二浴場です
本館別館と川を挟んで向こう側にあるので入るのにちょっと苦労しました


脱衣所
DSC_0041
下の方に写ってるかごは着替えを入れるかごっぽい

 温泉
DSC_0042
 ここから本館が見える
ていうか真ん中の棒がどうみてもチ●コ です本当にありがとうございました

以上です!
離れは浸食が進んでて侵入が困難らしく、断念しました(ホントは見つけられなかっただけとは言えない

それにしてもなかなか手ごたえ?のある廃墟でしたよ
前に行った一龍旅館より何倍もよかったです


それでは次の記事にご期待ください